ここにトップ掲示しておきたいお知らせを書いてみましょう。
要らなければ消してください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
sakuran.jpg

監督 蜷川実花 原作 安野モヨコ 脚本 タナダユキ

出演 土屋アンナ 椎名桔平 成宮寛貴 木村住乃 菅野美穂 安藤政信

 お蘭(小泉今日子)によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女。きよ葉と名付けられた彼女は、高級花魁・粧ひに面倒を見られることになった。玉菊屋から脱走を図り続けるきよ葉だったが、粧ひに導かれ吉原一の花魁を目指す事を決意する。やがて17歳となったきよ葉は、美貌と鼻っ柱の強さで一躍江戸中の注目を集める存在に。そんなきよ葉は、お客として来たうぶな青年・惣次郎と初めての恋に落ちるのだが…。
s_jojo0518_07.jpg


 色彩美は赤を基調として絢爛感抜群で、土谷アンナのテンポ勢いは良いですねぇ~♪
 ストーリー的には際立ったところは無いと言えばないかな!語りにしても結構現代風に喋ってるんだが違和感はないですよ。

 観てて飽きない装飾美とテンポもう一度観てもいいかなと思わせる作品でしたよ。

 洋画好きやのに4本続けて邦画観ている

 いっこう仮面であります。(変変)
スポンサーサイト
2007.03.14(09:46)|アクトレスコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
n_main.jpg

脚本 浅野妙子
出演 仲間由紀恵・西島秀俊・井川遥・及川光博・杉田かおる・松下由樹
   浅野ゆう子・高島礼子・中山忍
   FNS系列女子アナウンサー31名

7代将軍・徳川家継の時代。将軍といえども、まだ幼い家継に代わって実権を握っていたのは、能役者から側用人に成り上がった間部。しかも間部は、6代将軍・家宣の側室で将軍生母である月光院とも恋仲に。だが2人の秘密の関係は、先代将軍の正室ながら子をなせず、自分より権勢を誇る月光院を目の敵にしている天英院の知るところに。天英院はこのスキャンダルを暴露するため、まずは月光院派の大奥総取締・絵島を罠にはめ…。

江戸城・大奥で繰り広げられる女たちの愛憎劇を描き、3度のテレビシリーズが制作された大ヒットドラマの映画版。1000人以上に厳しい処分が下された、大奥史上最大のスキャンダル「絵島生島事件」の顛末がじっくりと描かれていくが、やはり一番の見どころは豪華なキャスティングだ。各シリーズで重要な役どころを務めた俳優陣が総出演し、熾烈な火花を散らす。主演はシリーズ初参加の仲間由紀恵。異例の若さで大奥総取締となった聡明な絵島を、凛としたたたずまいで演じている。1億円以上かけて新調された数百点の衣装、雅で豪華な美術セット、京都で撮影されたロケシーンの美しさは圧巻。ぜひ劇場の大スクリーンで、細部までご鑑賞あれ。

 いっこう仮面は邦画は観ない!って決めてる訳じゃ無いけども邦画よりも洋画を選択しがちで、昨日、29日 マイミクの ともちぃと某急行が止まる駅から徒歩10分の映画館へ行く事に成りましてホントは「007 カジノロワイヤル」行きたかったのだが ともちぃは邦画ファンなのだで「武士の一分」か「大奥」のいずれかと言う事になったのでチャンバラシーンのある「武士の一分」希望したのだが、初めから決めてたらしく軽く却下され「大奥」につきあったんだ!
 ともちぃも いっこう仮面が「大奥」真剣に観れないだろうと(寝ててもいいよ)発言に、睡眠薬替りに缶ビールを頂きました次第で・・・寝る体勢十分だったのだが?

≫「大奥」の全文を読む
2006.12.30(13:57)|アクトレスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑


[1978年5月17日~1979年3月14日 全41話 東京12ch]
山城宇宙考古学研究所の山城博士一家は、
拓也(スピードレーサー)、新子、拓次たちと平和に暮らしていた。
ある日、突然拓也の耳に不思議な呼び声が聞こえて来る様になった。
「わが兄弟よ、来たれ兄弟、わが兄弟よ・・・」
それは今から400年前、鉄十字団のモンスター教授によって
自分が住んでいたスパイダー星を乗っ取られ、復讐に燃えている
ガリア(スパイダー星の王子)の声であった。
そのテレパシーが聞こえる者は全宇宙にたった一人しかいない。
それがスパイダーマンとして鉄十字団と闘える
強い男になれる証(あかし)であった。
ガリアは拓也にスパイダーエキスを注入し、
スパイダーマンとして甦らせることに成功した。
スパイダーマンは蜘蛛のようにどんなビルでも鉄塔でも
平気で駆け上がることができる強い男なのである。
蜘蛛の糸を操って彼は正義のために闘うのだ。
宇宙の悪、鉄十字団をたおせ!スパイダーマン!!

 最近、アメコミのリメイクや実写版が多数制作されてるんだわたとえば「スパイダーマン」「バットマン」「デァデビル」やスピンオフ物の「エレクトラ」「パニッシャー」等などだな。近日公開の「ファンタスティックフォー」なんかも楽しみにしてる作品ではある。
 職場の仲間と、こういうスーパーヒーロー(ヒロイン)の話題で盛り上がっているときに いっこう仮面が和製の「スパイダーマン」が中々それらしかったし面白かったと発言したところ、全員がそんなの観たこと無い!ってソンナの無い!!ときめつけられ悔しさのあまり、ここで紹介したと言う訳なんだ。
 確か「仮面ライダー」シリーズの後か「戦隊シリーズ」の少し前くらいに放送してた記憶ありだ。
20050815151311.jpg

 主役は香坂浩介で現在では藤堂新二と芸名を変えて活躍してます。男前過ぎて主役が捕れない役者の一人でしょう。今はダンディなおじさんになってますよ。2時間ドラマの刑事役や犯人役でよく出てます。


共演は当時、人気が出始めの三浦リカで( いっこう仮面は姉の三浦真弓が好きだったなぁ)山城拓也の恋人役してました。
   
≫「和製スパイダーマン!」の全文を読む
2005.08.15(15:11)|アクトレスコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

いっこう仮面!

  • Author:いっこう仮面!
  • 仕事 水商売? 
    性別 シッカリおっさん
     
    年齢 大台になりましたわ。 趣味 マジック 映画 ※たまに料理 
     スポーツ ピンポン マジックショーは週一程度で変更予定
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。