ここにトップ掲示しておきたいお知らせを書いてみましょう。
要らなければ消してください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
 1月29日の いっこう仮面誕生日に いっこう仮面の大好きな
シャロン・ストーンの姉御
の一声で、5分間に100万ドルの寄付が集まった!
 スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」の会議場で、「氷の微笑」「グロリア」等で有名なシャロン・ストーンの姉御が突然マイクを握って会場に呼びかけだした映像が31日朝のニュースで飛び込んできた!
 会場ではタンザニアのムカパ大統領がマラリア防止のための蚊帳(かや、虫除けのネット)等の購入に各国の政財界の聴衆にODAの増額を訴えていたが、関心もイマイチで反応も全然という状況だったらしい。 このとき、壇上には英国蔵相やマイクロソフトのビルゲイツもいたそうです。
 突然立ち上がった姉御が、「私はシャロン・ストーンと申します。マラリアを運ぶ蚊からアフリカ人の子供を保護するために、ムカパ大統領に1万ドル寄付します。 私に賛同する人、立ってください」と叫びだした。(と思う英語だから良く解らん?)
 突如の事態に進行役の司会者が慌てて制止ししようと言葉を送るも
シャロンの姉御
は臆さず毅然と片手を挙げて「いんや!(すんません訛りました)今すぐ!賛同寄付してくれる人達はいま手を挙げ立ち上がって下さい。」(こんな意味だと思う)と5分間叫び続けたそうだ。
  いっこう仮面姉御の「トゥディ!トゥディ!トゥディ!トゥディ!」(今なのか今日なのか意味は解らんけど?)と連呼しているのを見て、目頭が熱くなった次第であります。  
 突然のハプニングで会場は騒然とはなったが、なんと5分間で100万(日本円で幾らかな?)ドルの寄付が集まったそうです。  英国のブレア首相は後日、8500万ドルを寄付すると発表したそうだ。  
 朝の出勤前の数分のニュースではありますが、まるで映画のクライマックスのような緊張感と興奮を覚えてしまった いっこう仮面でっす。
 中には、売名行為とかスタンドプレイだとか言ってる輩もいるわけですが いっこう仮面は言いたい!  「偏見や妬みなんかで素晴らしい行為を抽象するんじゃねぇ!(怒る)」
 サスガ いっこう仮面がファンの姉御だ!
 又、「グロイア」シャロン・ストーン版を観ようと思う、今日この頃です。
20050201113304.gif


≫「シャロン・ストーンの呼びかけ!」の全文を読む
スポンサーサイト
2005.01.31(10:32)|アクターコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20041112172658.jpg

オードリー・ヘップバーン
本名: オードリー・キャスリン・ファン・ヘームストラ
職業: 俳優
生年: 1929年5月4日
出身国: ベルギー
出身地: ブリュッセル
没年: 1993年1月20日
代表作: 『ローマの休日』(53)
『ティファニーで朝食を』(61)
『マイ・フェア・レディ』(64)


ナチス占領下のオランダで貧しい少女時代を過ごし、舞台での実力が認められて、映画界に進出、52年の『初恋』で初主演を飾る。『モンテカルロ・ベイビー』(51)の撮影が行われたリヴィエラで女性作家のコレットに出会い、オードリーが気に入ったコレットは彼女が執筆した『ジジ』のブロードウェイ公演の主役に抜擢する。また、新作『ローマの休日』のヒロイン役を探していたウィリアム・ワイラー監督の目に留まり、初のハリウッド映画で主演デビューを飾り、妖精のような愛らしさで世界中の映画ファンを虜にして、デビュー作で早くもアカデミー主演女優賞を獲得する。ビリー・ワイルダー監督に「この子はふくらんだ胸の魅力を過去のものにしてしまうかもしれない。」と言わしめ、スレンダーなボディとチャーミングな笑顔と洗練された優雅さを売りにしてハリウッドを代表するスターとなる。『麗しのサブリナ』(54)でのシンデレラ・ガールから『暗くなるまで待って』(67)での盲目の人妻といった演技力が要求されるシリアスな役まで幅広くこなし、ゲーリー・クーパーやケーリー・グラントといった往年のスター男優と共演する機会に恵まれ、彼らの演技に触発されながらも、堂々と渡り合う演技を披露する。また彼女のファッション・センスは抜群で、彼女がスクリーンで見せたヘア・スタイルや、フランスのファッション・デザイナー、ユーヴェル・ド・ジバンシーがデザインした数々の衣装は現在でも雑誌やテレビで取り上げられる程の輝きを持ち、絶えずファンを魅了し続ける。晩年はユニセフの親善大使として恵まれない人々のために力を尽くす。


≫「永遠のアイドル」の全文を読む
2005.01.30(12:39)|アクターコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

ジーナ・ロロブリジーダ

20050125004245.jpg

 
ジーナ・ロロブリジダ
って変な名前の人だと いっこう仮面幼少の頃、ずっと思ってたんだわ。淀川大先生の日曜洋画劇場にカナリでてました。
 凄いと思ったのは いっこう仮面のオフクロが外国の俳優の名前覚えられん奴やのに
ヘップバーンとエリザベス・テーラーとジーナ・ロロブリジーダ
だけはチャンと言えてたってなもんだ。ちなみに
マリリン

マリリン・マンロー
って言ってた奴だぞ!
 きっと淀川大先生も好きだったんだろう!
 最初に観たのは「空中ブランコ」だったと思うバートラン・カスター&トニー・カチス共演で華麗な空中ショーを魅せて貰った記憶は今だに印象深いところ。思春期の頃、 いっこう仮面がお気に入りのロック・ハドソンとラブコメディ「9月になれば」を年に2回くらい観たかな。通算で4・5回は観てるかな? やっぱりイタリアの肉感的な魅力に淀川大先生も惑わされてたのかもしれん。
 結構、沢山の映画に出演してるんだけどアメリカ映画では主役の彼女程度の役だったみたいですよ。
 ショーン・コネリーが悪役やってた「わらの女」あたりでは色気を抑えてても十分な魅力で好演してました。
 ふっと、思い出して掲載してしまった いっこう仮面であります。

20050125004826.jpg

 なかなか、こういう衣装が似合う女優さん少なくなりましたねぇ。
" size="+1">寂し!


≫「懐かしのラ ロロ」の全文を読む
2005.01.19(00:07)|アクターコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

いっこう仮面!

  • Author:いっこう仮面!
  • 仕事 水商売? 
    性別 シッカリおっさん
     
    年齢 大台になりましたわ。 趣味 マジック 映画 ※たまに料理 
     スポーツ ピンポン マジックショーは週一程度で変更予定
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。