ここにトップ掲示しておきたいお知らせを書いてみましょう。
要らなければ消してください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
20061115135521.jpg

学界に名を残す作家トルーマン・カポーティが、ノンフィクション小説の名作「冷血」を書き上げた6年間に迫るシリアスな伝記映画。実在した人物、トルーマン・カポーティを演じたのは、本作で第63回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞を受賞したしたフィリップ・シーモア・ホフマン。脇を固めるキャストもエド・ハリスやクリス・クーパーといった実力派ぞろい。フィリップ・シーモア・ホフマンが甲高い声でカポーティ成りきる名演は必見。(シネマトゥデイ)

監督 ベネット・ミラー

出演 フィリップ・シーモア・ホフマン 、キャサリン・キーナー 、クリフトン・コリンズ・Jr 、クリス・クーパー 、ブルース・グリーンウッド 、ボブ・バラバン

カポーティってどんな人物かは知らなかったいっこう仮面であった訳だが我が愛しのオードリーの「ティファニーで朝食を」の原作者だったんだ。かなり原作とは違いまたハッピーエンドという所も気に入らなく激怒したらしいがいっこう仮面は映画は別物で良いんじゃないかと思うぞ!
 昔、見た探偵物パロディ映画で「名探偵登場」ってのが有るんだけどカポーティ何故か俳優でもないのに出演してましたわ。

20061115135610.jpg

出演のフィリップ・シーモア・ホフマン先にもあるように、この作品でアカデミー主演男優賞取っちゃいました!確かに名演(迷演かも?)だぞ。オカマっぽさや女々しさが際立ってて(もしかしてゲイ?)的な感じ有りだな。シーモア自身はナルシスト的なところを表現したんだろう。実際の事件の進行が自分の予想と反してくると全然やる気なくして寝込んじゃうほどショックうけてしまうし気分が高揚すると円の中心でしゃべり倒すしで結構、躁鬱的な精神状態をうまく演じてたぞ。顔の表情・唇の震え・女性的なしぐさ・考え込むとき表情・虚無感・挫折感等等・・・・・やはり只者ではないぞ! 
フィリップ・シーモア・ホフマンの演技を見るだけでも価値ありと言う事で◎◎◎◎
≫「カポーティ」の全文を読む
スポンサーサイト
2006.11.16(13:52)|洋画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

いっこう仮面!

  • Author:いっこう仮面!
  • 仕事 水商売? 
    性別 シッカリおっさん
     
    年齢 大台になりましたわ。 趣味 マジック 映画 ※たまに料理 
     スポーツ ピンポン マジックショーは週一程度で変更予定
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。