ここにトップ掲示しておきたいお知らせを書いてみましょう。
要らなければ消してください。

いっこうにシネマスポンサー広告
> 心の旅路&心の旅 > いっこうにシネマ洋画
> 心の旅路&心の旅 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
20041114095144.jpg

「心の旅路」(RANDOM HARVEST)
1942年 127分 監督 マービン・ルロイ
出演者 ロナルド・コールマン、 グリア・ガースン、フィリップ・ドーン

ポーラ(綺麗)とスミス(好男子)・・・もうこれだけで泣けてききますよ。スミスが桜の花をくぐってずっともっていたカギで門扉を開けるシーン。ギーギーっていう音・・・直すって言ってたドアなんだ。
もうこの辺で涙でグシャグシャだぞ。
まだ中学生だったと記憶しているんだけど、確か両親が親類の寄り合いかなんかで帰ってこなかった時にテレビの深夜劇場で観たんだけど、主役のコールマンがイキナリ交通事故ってところから始まるんだ。
この映画が一番最初の記憶喪失物なんだってさ。
 交通事故で記憶を無くし、ヒロインに助けられ、恋に落ちて一緒に暮らすようになるんだけど、ある日 記憶がもどり今度は記憶喪失中の記憶が無くなってヒロインのグリ・アガースンは・・・・・
 っとまぁ こんなストーリーで、確かモノクロだったと思うんだけどポスター色ついてる?けど十分見応えあるです。
レンタルショップでもし見つけたら、即レンタルするべし!
ちなみに髭(ひげ)の種類のコールマン髭って主役の名前からきてるんだってさ。文句なしに ☆☆☆☆☆ 20041114095911.jpg




 監督:マイク・ニコルズ                          
 出演:ハリソン・フォード/ アネット・ベニング/ミッキー・アレン/ビル・ナン
    /ドナルド・モファット/ナンシー・マーチャンド/レベッカ・ミラー/他
 敏腕弁護士ヘンリー・ターナー(フォード)は、仕事の虫で、家族も顧みず、人に対する優しさや思いやりに欠けた冷徹な男だった。  
 ある夜、自宅近くのコンビニにタバコを買いに寄ったヘンリーは、ちょうどその店にいた拳銃強盗に胸と頭を撃たれ、瀕死の重体になる。   奇蹟的に一命は取りとめたが、能の一部が損傷し、言葉もしゃべれない、身体も動かせない重度の記憶喪失症になる。しかし能の損傷箇所が能で唯一細胞再生する場所だったので、序々に回復し、ゆっくりだけど足も動かせるよ~になり、自分で歩けるまでになる。        
 だけど、妻(ベニング)や娘(アレン)の顔も覚えとらんので、退院して妻に連れられて自宅に帰っても一向に記憶は戻らなかった。               
 かつてのヘンリーの冷たい心に、事件前は家庭内は完全に冷きっていたが・・・・?
 う~ん リメイクってことらしいんだけど、別に別の作品名でよかったと思う、いっこう仮面なのだが。
 それはさておき、この作品も泣ける泣けるティシュ足らん足らん。
 ハリソン・フォードも芸達者やけどアネット・ベニングがいいよ!旦那との「 めぐり逢い」(これもリメイク)でも泣かせていただきました。
 いっこう仮面の泣ける映画ってことで☆☆☆☆
スポンサーサイト
2005.02.08(09:55)|洋画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

いっこう仮面!

  • Author:いっこう仮面!
  • 仕事 水商売? 
    性別 シッカリおっさん
     
    年齢 大台になりましたわ。 趣味 マジック 映画 ※たまに料理 
     スポーツ ピンポン マジックショーは週一程度で変更予定
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。