ここにトップ掲示しておきたいお知らせを書いてみましょう。
要らなければ消してください。

いっこうにシネマスポンサー広告
> チャーリー・アンド・チョコレート・ファクトリー> いっこうにシネマ洋画
> チャーリー・アンド・チョコレート・ファクトリー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
20041213135302.jpg

 先般、チョイアンケートに投稿していただいたまゆみんさんに感謝の気持ちを込めて来年夏公開予定のこの作品を公開しますよ~♪
 この映画のプロダクションノート・ポートやポスターなど、まだ出回ってませんので上記、ポスターは貴重ですよ。何でも、先ず、本(小説・ファンタジー)ありきでゲームソフトになり今回映画化らしぞ。本を先に読んでみるのも有り哉。携帯のホームページにも載せてるんで、ヨケレバ携帯待受けにでもどうぞ。しかし顔が(半分)映ってないなぁ?
 下記のピクチャーは「ネバーランド」のショットです。
20041213140706.jpg

チャーリー・アンド・チョコレート・ファクトリー(原題) CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY
監督 ティム・バートン(「スリーピー・ホロウ」)
キャスト ジョニー・デップ
ストーリー 名監督ティム・バートンがその想像力に富んだ映像スタイルを投影する本作は、変わり者のチョコレート製造業者ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)と、彼の広大な工場の片隅で暮らす貧しいが心優しき少年チャーリー(フレディー・ハイモア)を描く。自分の家族とは長らく疎遠となっているウォンカは、彼の“お菓子帝国”の後継者を選ぶために世界的なコンテストを開くことにする。チャーリーを含む5人の幸運な子供たちが、ウォンカのチョコ・バーで当たりくじを引き、15年もの間、外部に閉ざされていた伝説的なチョコレート工場の見学を許される。目の前で繰り広げられる光景に目を見張りながら、チャーリーはウォンカの夢のような世界に引き込まれていく。
2005年夏、丸の内ルーブルほか全国ロードショー

スポンサーサイト
2004.12.13(12:00)|洋画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

いっこう仮面!

  • Author:いっこう仮面!
  • 仕事 水商売? 
    性別 シッカリおっさん
     
    年齢 大台になりましたわ。 趣味 マジック 映画 ※たまに料理 
     スポーツ ピンポン マジックショーは週一程度で変更予定
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。