ここにトップ掲示しておきたいお知らせを書いてみましょう。
要らなければ消してください。

いっこうにシネマスポンサー広告
> 007 ジェームス・ボンド達№5> いっこうにシネマピンポン
> 007 ジェームス・ボンド達№5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
20041215112513.jpg

 5代目 007 ピアース・ブロスナン!
 4作品で降板するらしいいんだけど、惜しい気がするな。もう1作ぐらいは体力的に行けそうだと思うんだけど。どうもシリーズ物のヒーローって止め時が難しいようだね。
 1作目「ゴールデンアイ」では(Xmenのファムケ・ヤンセン悪役やってましたよ。)アクションにも硬さが観られたけどイギリス情報部員ってピッタリな役だとは思った。回を重ねるごとにボンドらしさがでてきた感有り。
 2作目は「トゥモロー・ネバー・ダイ」(間違えてトゥモロー・ネダー・デッドっていうパロディをレンタルした苦い経験有り)アクションもノリノリで良かったけど香港のアクション大女優ミシェル・ヨーに食われてたようにもみえて・・・・・
 3作目の「ワールド・イズ・イット・イナフ」ソフィー・マルソーやロバート・カーライル等の芸達者をむこうに回して、存分にボンド役をやってました。この作品で自他共に認められる007に成った思いの いっこう仮面である。
 4作目「ダイ・アナザー・デイ」ちょいとハシャギ過ぎかなとも思ったけど、今回で降板とあれば仕方ないだろう!超豪華キャスト(ハル・ペリー マイケル・マドセン マドンナ ジュディ・ディンチ等々)で さぞブロスナンも満足したであろう。
  いっこう仮面は深夜テレビドラマ「レミントウ・スチ-ル」(20年位前)の頃から注目してましたよ~♪ 20041223145447.jpg

PIERCE BROSNAN ピアース・ブロスナン
1953/5/16
アイルランド・カウンティ・ミース州
アイルランドのカウンティ・ミース州生まれ。11才の時に家族と共にロンドンへ移住。CMイラストレーターなどの仕事を経て、実験演劇ワークショップで俳優修行。フランスやオランダの舞台に立ち、キャリアを積んだ。映画デビューは「クリスタル殺人事件」(1980)。ブロスナンは「ノーマッズ」(1985)「テロリスト・ゲーム」「ライブワイヤー」「バーチャル・ウォーズ(1992)など主演作は非常に多く、アクション俳優として活躍していたが、大作には恵まれず、知名度は低かった。
どちらかといえば、TVドラマ「レミントン・スティール」のスティール役として有名だったが、1995年、「ゴールデンアイ」で5代目ジェームズ・ボンドを襲名。以降、「マンハッタン・ラプソディ」「マーズ・アタック!」「ダンテズ・ピーク」といった大作への出演が相次ぎいだ。
 私生活では77年に結婚した「007/ユア・アイズ・オンリー」(ボンドはロジャー・ムーア)のボンド・ガール リスル役のカサンドラ・ハリスと結婚。彼女の息子と娘も養子にし、84年にショーンが誕生。90年に子宮癌で彼女を亡くし、2001年8月4日、94年から交際し、新たに二人の息子をもうけていた元モデルでテレビ・リポーターのキーリー・シェイ・スミスと再婚した。
 シリアスな中に洒落っけを持ち合わせたヒーローというキャラを独自に確立している二枚目俳優。アクションもこなせ、演技もうまいし、主役もはれる俳優だが、どの出演映画を観ても、キャラが同じ感なので、初期の頃はB級映画の万能主役俳優のような使われ方が多かった。しかし、「ゴールデンアイ」のボンド役はこれまで築いてきたブロスナンの役柄とぴったりとはまり、彼の知名度を大きく上げた。もともと才能のある俳優なので、時間はかかったが、これからはA級映画の主役俳優として活躍することだろう。
スポンサーサイト
2004.12.15(11:27)|ピンポンコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

いっこう仮面!

  • Author:いっこう仮面!
  • 仕事 水商売? 
    性別 シッカリおっさん
     
    年齢 大台になりましたわ。 趣味 マジック 映画 ※たまに料理 
     スポーツ ピンポン マジックショーは週一程度で変更予定
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。