ここにトップ掲示しておきたいお知らせを書いてみましょう。
要らなければ消してください。

いっこうにシネマスポンサー広告
> マイ・フェア・レディ> いっこうにシネマ洋画
> マイ・フェア・レディ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
あけましておめでとうございます。
新春第1号は、いっこう仮面大ファンのオードリー「マイ・フェア・レディ」載せちゃいますよ。かなり他所のサイトからパクッタ内容ですが御容赦願いますね。
20041230181317.gif


マイ・フェア・レディ
My Fair Lady 1964年製作
監督・・・・ジョージ・キューカー
製作・・・・ジャック・L・ワーナー
原作・・・・ジョージ・バーナード・ショウ
脚本・作詞・アラン・ジェイ・ラーナー
音楽・・・・フレデリック・ロウ
音楽監督・・アンドレ・プレヴィン
撮影・・・・ハリー・ストラドリング
衣装・装置・セシル・ビートン
美術監督・・ジーン・アレン

キャスト・・オードリー・ヘップバーン
      レックス・ハリスン
      スタンリー・ハロウェイ
      ウィルフレッド・ハイド・ホワイト
      ジェレミイ・ブレッド
      グラディス・クーパー
 この映画ジュリー・アンドリュース主演でブロードウェイで大ヒットを飛ばしていた直後の映画化ですから、誰もがジュリーが主演すると考えていたし、実際他の助演の役者はほとんど舞台と同キャストなのだからジュリーが出ないのが不思議ですが。
 ただ、製作のワーナーは最初からオードリー・ヘップバーンを考えていたんです。
 大作なので、興行面で確実に客が取れるヘップバーンでどうしても行きたかったんでしょうね。
 ジャック・ワーナーが考えていたキャストはこうです。
イライザ・・・・・オードリー・ヘップバーン
ヒギンズ・・・・・ケイリー・グラント
イライザの父・・・ジェームズ・キャグニー
 結果的にはケイリー・グラントとジェームズ・キャグニーに断られ(断られて良かったですね。この二つの役はレックス・ハリスンとスタンリー・ハロウェイ以外考えられない)、わりとさっさと役者が固定されたのですが、イライザ役だけはかなりもめたようです。
 ジュリー・アンドリュース・オリジナルを愛するファンがワーナーの予想以上に多く舞台関係者もアタマから湯気を出す勢いでオードリー・ヘップバーンを配することに反対したというのですから。
 ヘップバーンでやることになってからも「ジュリー哀惜の声」はやまず、それもあってか、この作品はアカデミー作品賞、主演男優賞、監督賞など9部門を獲得しているのに、ヘップバーンは主演女優賞にノミネートもされていないんです。
 ノミネートには値する演技だったと思うけどなぁ。
 しかもその年に主演女優賞を取ったのは、なんと「マイ・フェア・レディ」に出れないおかげで「メリー・ポピンズ」役をもらえたジュリー・アンドリュース!
 両方とも64年の映画なので時代背景が一緒のせいか「婦人参政権」の話が取り上げられています。両方ともイギリスの話だし、「メリー・ポピンズ」の衣装も「マイ・フェア・レディ」と酷似。両方とも競馬場が出てくるし、真面目で偏見な男が変化していく物語だし・・・
なんだか似ています。そうやって比べながら観ると面白いですこの二つ。

 この映画の魅力は数多いのですが、やっぱりなんと言っても「オードリー・ヘップバーン」でしょう。
 彼女の主演映画では他に「ローマの休日」「昼下がりの情事」「シャレード」など、いっぱいあるのですが、この「マイ・フェア・レディ」でもその魅力は最大限に生かされています。
 ただ、歌はほとんど吹き替えなんです。
吹き替えはマーニー・ニクソン。「ウェスト・サイド・ストーリー」でナタリー・ウッドの吹き替え、「王様と私」でデボラ・カーの吹き替えをやった人。
 でも、歌がなくても、ノミネートにはやっぱり値するよなぁ。
その美しさ、その可憐さ、その表情の豊かさ・・・
前半部のイライザの演技の見事さなんかは、従来のヘップバーンの評価を覆すもの。
 そういう意味でワーナーの配役はやっぱり成功でしょうね。ジュリーの良さもわかるけど、後半のヘップバーンの魅力にはどうやっても勝てなかった気がします。
ジュリーはやっぱり健康的で前向きな家庭教師役が向いている気がします。
 ミュージカル・ナンバーも珠玉ですね。
名曲揃い。
「ステキじゃない?」「運が向いてきたぞ」「スペインの雨」「踊り明かそう」「君住む街で」「時間通りに教会へ!」・・・
素晴らしい。どれも最高のナンバーです。
 それとそれと、忘れてはいけないのはレックス・ハリスンとスタンリー・ハロウェイの熱演。
 ヒギンズ教授役のレックス・ハリスンのこの映画でのうまさと言ったら超絶ものだと思っています。見惚れるほど。特に話口調から歌に移るところ、歌から話口調に帰ってくるところなどのバランスが見事。レックス・ハリスン節といってもいいでしょう。
 イライザの親父役のスタンリー・ハロウェイもいい味だしてますよね。
 演技しすぎていない感じがとてもいい。もともとは舞台俳優ですが、舞台臭さがあまりなくて実にいいです。この映画にはなくてはならない名脇役でした。助演男優賞をあげたいくらいです。



20050101101824.jpg

 
George Bernard Shawの戯曲「Pygmalion」
「ピグマリオン」はギリシャ神話に登場する彫刻の得意なキプロス島の王の名で、自分で作った彫像ガラテア(Galatea)に恋して、女神ヴィーナスに祈ってガラテアに生命を与えてもらい、妻にした。「自分で作り上げたモノに恋をした」という点で、美しい英語を教え込んでどこに出しても恥ずかしくない立派なレディを作り上げたヒギンズ教授のイメージとダブらせている。

George Bernard Shaw(1856-1950)アイルランド・ダブリン生まれ。1924年にノーベル文学賞。皮肉屋で有名なShawの戯曲の結末は、このハリウッド映画のようにハッピーエンドとはいかないのだが。生身の人間をモノとして改造しようとする上流インテリ階級の倣岸さに対する批判も。

ギリシャ神話の変身物語がモチーフになってるだなぁ。ってことは
アンドリュー・マッカーシー キム・キャトラル ジェームズ・スペイダーの「マネキン」も同系列になっちゃうんだな。暇なときに観てみようと思う いっこう仮面であった。
スポンサーサイト
2005.01.01(18:22)|洋画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

いっこう仮面!

  • Author:いっこう仮面!
  • 仕事 水商売? 
    性別 シッカリおっさん
     
    年齢 大台になりましたわ。 趣味 マジック 映画 ※たまに料理 
     スポーツ ピンポン マジックショーは週一程度で変更予定
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。