ここにトップ掲示しておきたいお知らせを書いてみましょう。
要らなければ消してください。

いっこうにシネマスポンサー広告
> ハウルの動く城 > いっこうにシネマアクトレス
> ハウルの動く城 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
20050104120330.jpg

アニメあまり観ないって言ってるのに回りからハウルは、どう?って聞かれてもねぇ。
 でも観てきました!
 主人公はハウルじゃ無くて魔法をかけられた少女ソフィなんだ。
 ストーリーは父の残した帽子店を守って働く少女ソフィが、偶然ハウルと知り合った為に、荒地の魔女の嫉妬から魔法をかけられ90歳位の老婆に変身させられ、住んでる町を出ていく・・・・・
 こんな所から始まります。
 観てきた人達にどうだったか聞いてみたことがあるんだけど賛否両論だねぇ。
  いっこう仮面は、って言うと良かったけれども「もののけ姫」や「風の谷のナウシカ」の方がランキングがズット上だな。
 今の若い世代の人達には目新しくオリジナリティが有りそうに見えるかもかも知れんケド、 いっこう仮面ほど年を重ねた人間からは、どうも御伽噺のミックスジュースみたいな感じがするんだな。
 先ず、主人公に災難ありき!「白雪姫」「シンデレラ」「眠りの森の美女」等々の様に理不尽な理由で魔法をかけられるってトコ。
 ソフィに係わりあって集まってくる仲間達(家族?)。これって「オズの魔法使い」に似てない?(案山子まで一緒だ!)
 ハウルが変身後からの展開は「美女と野獣」のベルかな。
 王宮付の魔女サリマン?「ロード・オブ・ザ・リング」の悪い魔法使いはサルマンやしなぁ。
 後半もカブ変身の場面なんか「蛙の王子様」「白鳥にされた王子達」みたいでアンデルセンやグリム童話やギリシャ神話の物語まで思い起こさせてくれました次第ですわ。
 ミックスジュースと言うより八宝菜みたいな映画で結構満腹しましたわ。
 この中に戦争や政治に対する批判や問いかけも有る様で、八宝菜を皮で包んで八宝菜饅の出来上がりでした。
 作品評価は「もののけ姫」が☆☆☆☆とすれば☆☆☆ぐらいですね。(あくまでも いっこう仮面の個人的評価です。)
主なキャクター
20050104120344.gif

20050104120455.gif

 ソフィ役の賠償千恵子さん いっこう仮面は絶賛いたします!少女から中年そして老婆と画面に合わせて声を使い分けてる様は名人芸とでも言いましょうか、感動しました。一部「そんな声の少女はいねぇ!」って声も有りますが、 いっこう仮面は知ってます渥美清の「寅さんシリーズ」1作目から観てますが元々声は低い方です。
 「文句言う奴は、アンタやりな」っていいたいぞ!

 ハウルのキムタクも良かったんじゃないかな。映画上映中に木村琢也の顔が一度も頭によぎらないほど、ハウルに成ってた様にかんじましたねぇ。

 笑えるのは小丹波事、原田大二郎が犬の声ってのが可笑しい♪

 美輪明宏の荒地の魔女、最初こそオドロオドロしく演じてたけど中盤から後半には可愛いオバァサンやってて良い意味で裏切られたデスね。

 最後は長い芸暦の加藤治子さんのサリマン動かない演技で声だけで、あれだけの表現するなんて、 いっこう仮面脱帽です。(帽子は被ってませんケド)

 最後までチァント観れるファンタジー作品でした。コレを期に昔読んだ童話などを読み返してみようかとも思う今日この頃です。

※ 少女ソフィの画像は1月15日号に掲載中~
スポンサーサイト
2005.01.04(12:08)|アクトレスコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
ゆかりちゃん
コメントありがとうね。
中々の良作で最後までスムーズにみてしまえて満足感アリアリでしたね。♪
From: いっこう仮面っす♪ * 2005.01.06 21:21 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

いっこう仮面!

  • Author:いっこう仮面!
  • 仕事 水商売? 
    性別 シッカリおっさん
     
    年齢 大台になりましたわ。 趣味 マジック 映画 ※たまに料理 
     スポーツ ピンポン マジックショーは週一程度で変更予定
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。