ここにトップ掲示しておきたいお知らせを書いてみましょう。
要らなければ消してください。

いっこうにシネマスポンサー広告
> スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー> いっこうにシネマ洋画
> スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
20050106125307.jpg

ジュード・ロウ  スカイキャプテン(ジョー・サリバン)
グウィネス・パルトロー
 ポリー・パーキンス
アンジェリーナ・ジョリー
 フランキー・クック
ジョヴァンニ・リビシ デックス
マイケル・ガンボン ペイリー編集長
バイ・リン
 謎の女
ローレンス・オリヴィエ Laurence Olivier  (記録映像)
 1939年、ニューヨーク。エンパイアステートビルに巨大な飛行船ヒンデンブルグ3号が停泊する中、またしても著名な科学者失踪のニュースが報じられる。事件の独自調査を開始したNYクロニクルの女性記者ポリーは、街で驚くべき光景を目撃する。摩天楼の上空を巨大なロボットの大群が飛来し、人間を襲い始めたのだった。人々が逃げまどう中、無謀にもその模様をカメラに収めようとした
ポリー
は間一髪のところで、元恋人で空軍のエースパイロット、スカイキャプテンことジョー・サリバンに救われる。科学者失踪事件と今回のロボット襲撃事件に関連を見出したスカイキャプテンはポリーと協力して事件の謎を追い、やがて一人のドイツ人科学者トーテンコフ博士の存在に行き着くのだが…。
20050106125320.jpg

 これは、おもろいわ。人物の演技意外は全てCGで作ってるってことだけど1939年位の感じ良くでてます。映像はセピアに近い印象で昔の映画のようにハイライトで人物を撮ってるし(特に
グウィネス
はハイライト強いくらい)まるで在りし日のグリヤ・ガースンやデートリッヒやグレタ・ガルボが登場してきそうな雰囲気がバリバリだ。
 電波とかの表現が昔のB級SFみたいに輪っかになって飛んでいくなんて「宇宙戦争」や日本の昔の宇宙人映画を思い出してしまいますわ。
 オマケに敵基地の島には合成動物やら怪物やらで「ドクターモローの島」へ来てしまったのかと勘違いまでさせるしまつだぞ!
 しいて言うなら、昔B級SF映画に良く出ていたダナ・アンドリュースでも合成出演していたら いっこう仮面的には完璧でしたね。最後のカメラのオチも分かっていながら笑ってしまった。不覚っ! 
 
20050106125404.jpg

 フランキー・クック役の
ジョリー
実に楽しそうに演技してます。結構、遊び心一杯で演じてるんでしょうね。片目に黒の眼帯かけて、予告編では敵かな?っと思わせといて実は・・・・・言わんとこっと♪
20050106125413.jpg

 ジョヴァンニ・リビシが007シリーズのやサンダーバードのブレインズはたまたドンキホーテのサンチョみたいな役でスカイキャプテンの信頼できるパートナー兼科学者を軽快&コミカル(そうでもないか。)に演じて高感度↑↑↑中だね。※「カーラの結婚宣言」よかったぞ!
 レトロ感たっぷり!
 出演者も全員力まない作品作りで、観客側も力を抜いて観る事を御奨めしましょう。
スポンサーサイト
2005.01.06(12:57)|洋画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

いっこう仮面!

  • Author:いっこう仮面!
  • 仕事 水商売? 
    性別 シッカリおっさん
     
    年齢 大台になりましたわ。 趣味 マジック 映画 ※たまに料理 
     スポーツ ピンポン マジックショーは週一程度で変更予定
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。