ここにトップ掲示しておきたいお知らせを書いてみましょう。
要らなければ消してください。

いっこうにシネマスポンサー広告
> 続いてガヴィーゼルだ!> いっこうにシネマ洋画
> 続いてガヴィーゼルだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
ハイウェイマン
20050207130410.jpg

全米ハイウェイ70万kmで激突する 《ヴィンテージvsマッスル》カー・スリラー! 
高性能マッスルカー<'68年型プリマス・バラクーダ>と伝説のヴィンテージカー<'72年型キャデラック・エルドラド>が全米ハイウェイ70万kmで激突する! 
全米ドライバーを震撼させたハイパー・カー・スリラーがついに登場! 「パッション」で絶賛を浴びたジム・カヴィーゼルを主演に迎え、伝説的傑作「ヒッチャー」のロバート・ハーモン監督が18年ぶりに挑んだ注目のロード・スリラーが本作である。
ハイウェイで美しい女たちばかりを狙うサイコなモンスター・カーに妻をひき逃げされて以来、良心を捨て、復讐の鬼と化した男レニーは、2年間の孤独な追跡の末、姿なき殺人者の新たな標的となった女モリーと出会う。レニーは彼女を利用して亡き妻の復讐をとげようとするのだが……。
深い哀しみを背負った孤独な復讐者。背筋が凍るようなシリアルキラーの謎の素顔をスモークガラスの向こうに隠したまま、美しき獲物たちに迫る殺人カーの恐怖。自らのトラウマと闘いながら犯人に立ち向かうヒロイン。セリフを最小限に抑えた映像重視の演出と、映画史上屈指の高速カー・スタントが、目をそむけたくなるようなショッキングなラストへ向って重厚なビートを刻みながら猛チャージをかけてゆく。

 ムリッ!って何がむりって常識がねぇ~。 いっこう仮面は頭振り振り観てましたわ。「マッドマックス」みたいに時代考証が曖昧な近未来とか別の星の物語なら納得するところやけど、これは無理やわ。映画って、そんなもんだと思ってみてもなぁ。やっぱり納得いかん!
 大体、連続ひき逃げ殺人犯がビンテージ物の車に乗ってて、しかも自分が片目やからってヘッドライト片方しか点けてないし目立ち過ぎ~・・・普通スグ捕まるでしょう!
 全編車の爆走シーン(勿論違反行為)の連続やのにパトカーの出現率が少ないのは何故?
 主人公が犯人に簡単に伸されてるのも気に食わん!シリアルキラーって言っても技手義足に片目でオマケに車椅子だぜ!拳銃持ってる訳でも無し女性でも勝てそうなのにオカシイ?
 文句はコレぐらいにしてガヴィーゼル(ひろみ郷に似てます。)
20050207135413.jpg

 妻の復習の為に殺人犯を追いかけてる役は似合ってたのかな最後まで笑顔無しで、コンナ役多いのかな?「パッション」とか「モンテクリフト伯」に「ペイフォァード」「エンジェル・アイズ」確かに笑ってるシーンが少ない。
 ストーリーはトモカクとしてビンテージカー同士のカーチェイスは爆音爆走で剣の代わりに車を使ってる的なところは いっこう仮面ほ高評価してます。
 でも限りなく☆☆に近い☆☆☆が限界だな。※アクション評価と久しぶりに御目にかかった
ローナ・ミトラ嬢
の顔をたてました。 




ジム・カヴィーゼルレニー・クレイ
20050207134719.jpg

1968年、米国ワシントン州マウント・ヴァーノンの敬虔なカトリック一家に生まれる。高校卒業後、ベルヴュー・コミュニティ・カレッジに進み、バスケットボール選手として活躍するが、足を怪我し俳優志望へ転じる。
'90年、ロサンゼルスへ移り、ウェイターで生計を立てる下積み生活をスタート。'91年、「マイ・プライベート・アイダホ」の端役で映画デビュー。その後、「ミッドナイト・スティング」('92年)、「ワイアット・アープ」('94年)、「ザ・ロック」('96年)、「G.I.ジェーン」('97年)といった映画に出演するが大きな役には恵まれず、一時は俳優をあきらめかける。
'98年、テレンス・マリック監督の「シン・レッド・ライン」でウィット役に起用され、一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たす。同作の演技ではシカゴ映画批評家協会賞新人賞にノミネートされた。
以後、「楽園をください」('99年:ビデオ題「シビル・ガン/楽園をください」)、「オーロラの彼方へ」('00年)、「エンジェル・アイズ」('01年)、「ハイ・クライムズ」('02年)といった話題作に出演。ホームレスを演じた「ペイ・フォワード/可能の王国」('00年)、タイトルロールを演じた「モンテ・クリスト伯」('02年:ビデオ題「モンテ・クリスト-巌窟王-」)では特に高い評価を得た。
他の最近作にサン・ディエゴ映画祭最優秀作品賞に輝いた「I Am David」('03年)がある。最新作は伝説的ゴルファーを演じた「Bobby Jones, Stroke of Genius」('04年)、ロビン・ウィリアムズ、ミラ・ソルヴィーノと共演したカナダ製SFスリラー「The Final Cut」('04年)。
カーレース・ファンとしても知られ、'02年にはインディ500で競技出場車を先導するペースカーのドライヴァーを務めている。愛車はランボルギーニ。


ローナ・ミトラ
 モリー・プール
20050207134542.jpg


“モリーは自動車事故で家族を失うという恐ろしい悲劇を経験している。だから恐怖を克服する勇気を見出さなければならないの。”

英国演劇界から米国へ進出後、短期間でTV・映画に目覚しい活躍をみせるようになった注目の若手女優。
1976年、英国のロンドン生まれ。10代の頃は不良少女でふたつの全寮制学校を退学処分になり、ロンドンのクラブに出入りする日々を送る。その後、女優を志すようになり、ジュディ・デンチが設立した演劇学校に入学。その一年後には地方の舞台に立つようになった。
いくつかのTV番組に出演した後、'97年「タイムマスター/アラジンの秘宝」のシェーラザード役で映画デビュー。
'98年、人気TVゲーム「トゥームレイダー」のヒロイン、ララ・クロフトのイメージ・キャラクターに起用され、見本市やゲーム・コンヴェンションに出演。ララ・クロフトとしてアルバムもリリースするなど、一大人気を博す。
'99年、米国の人気TVシリーズ「サンフランシスコの空の下」で1シーズン、英国人留学生役を演じ、広く知られるようになる。その後、'00年には高い評価を得たメディカル・ドラマの新シリーズ「Gideon's Crossing」、'03年には人気シリーズ「ザ・プラクティス」にレギュラー出演。
映画でも「インビジブル」('00年)、「追撃者」('00年)、「メラニーは行く!」('02年)、「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」('03年)、ファレリー兄弟監督の「Stuck On You」('03年)といった話題作に出演し、米国でのキャリアを順調に重ねている。
他の映画出演作に、「ルール・オブ・デス/カジノの死角」('98年)、「ベオウルフ」('99年)、「アリ・G」('02年)などがある。


コルム・フィオール
ジェイムズ・ファーゴ
20050207135329.jpg

“ファーゴには彼なりのリアリティがあり、自分は正しいと信じている。
静かな邪悪さを心に秘め、犠牲者を追いつめては殺害し続けることに、ぞっとするような満足を覚えているんだ。”

タイトルロールを演じた「グレン・グールドをめぐる32章」('93年)や、他の主要出演者とともに映画俳優協会賞キャスト演技賞を受賞した「シカゴ」('02年)などで知られる名優。
1958年、米国マサチューセッツ州ボストンに生まれ、カナダで育つ。オンタリオ州セント・キャサリンズにあるリドリー・カレッジを卒業し、モントリオールのナショナル・シアター・スクールで演技を学んだ。
舞台俳優としてキャリアをスタートし、有名なストラトフォード・フェスティヴァルに13回参加、シェイクスピアのほぼ全作品の主役を演じるなど、カナダ演劇界を代表する名優として活躍。近くはニューヨークで上演されたパブリック・シアターの『ハムレット』でクローディアスを演じている。
映画デビューは'87年の「A Nest of A Singing Birds」。「レッド・バイオリン」('98年)でジュトラ賞助演男優賞を受賞するなどカナダ映画界で活躍する一方、「NY検事局」('97年)、「フェイス/オフ」('97年)、「シティ・オブ・エンジェル」('98年)、「インサイダー」('99年)、「タイタス」('99年)、「パール・ハーバー」('01年)、「トータル・フィアーズ」('02年)など、米国映画へも数多く出演。近作にはマーティン・ローレンス主演のヒット・コメディ「ナショナル・セキュリティ」('03年)、ジョン・ウー監督の「ペイチェック/消された記憶」('03年)がある。最新作はヴィン・ディーゼル主演SF超大作「リディック」('04年)。
TVミニシリーズ「Trudeau」('02年)ではカナダ史上最も人気のあったトルドー首相を演じ、ジニー賞主演男優賞を受賞している。

スポンサーサイト
2005.02.04(13:06)|洋画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

いっこう仮面!

  • Author:いっこう仮面!
  • 仕事 水商売? 
    性別 シッカリおっさん
     
    年齢 大台になりましたわ。 趣味 マジック 映画 ※たまに料理 
     スポーツ ピンポン マジックショーは週一程度で変更予定
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。